乾燥して赤くなった肌

生後5ヶ月頃から頬が赤く乾燥するようになった。

 

ハーフバースデーの時に写真館での撮影を予定していたので、早く治さなくてはと思い近所の小児科へ。

 

しかし、そこで処方された薬でも治らず、むしろ悪化してるように見えた。

 

悩んでいた時に子育て支援センターのスタッフの方から教えて頂き、少し遠くのアレルギー科のある小児科へ。

 

頬が乾燥で赤くなり、首にも症状が広がっていた。

 

身体にもポツポツ赤い湿疹が。

 

先生に診てもらったところ、アトピーとの診断で、軽いステロイドと保湿剤を処方してもらった。

 

すぐ症状は良くなり、ハーフバースデーの写真もきれいな顔で撮影することができた。

 

ただ、その後も保湿剤を塗らないと湿疹ができてしまうようになったので、毎日保湿剤を塗らないくてはいけなくなり、大変に感じる。

赤ちゃんの肌の洗い方と入浴後の保護の仕方

アレルギー科の先生から指導を受けた方法が自分には一番合っているように思う。

 

まず、身体の洗い方。

 

洗う時は、固形石鹸とネットを使用し、キメの細かい泡を作る。

 

これで全身洗うので多めに用意。

 

薬を塗っている所は泡で二度洗い。

 

(泡で洗い、お湯で流して、また泡で洗って流す)入浴後はすぐ保湿。

 

身体も顔も全身保湿剤を塗る。

 

その後湿疹が酷い所はステロイドを塗る。

 

症状が酷い時はこれを朝、晩2度行う。

 

また、口まわりは食事をすると荒れることもあるので、食事の前に保湿剤を塗る。

 

以上、教えて頂いたことを実践し、きれいな肌を保っています。

 

何度か自己判断で勝手にやめてしまったり、子供が入浴後の保湿を嫌がり暴れまわる時期があり諦めてしまったことはあったが、そうすると悪化するので絶対保湿はするようにしている。

面倒だけどしっかり実施

肌が赤く乾燥し痛そうな所がすぐに改善した。

 

また、保湿剤を毎日使うことで予防でき、肌の調子が悪くならないよう自分で(親が)コントロールできるようになった。

 

アレルギー科の先生から伺った話では、産まれてすぐから6ヶ月までに毎日保湿をした赤ちゃんはアトピーのリスクが軽減される、とのこと。

 

私(親)がアトピー持ちで花粉症なので、アトピーのリスクがあったにも関わらず、この情報を知らず、症状が出るまでほとんど保湿をしなかった事はとても反省している。

 

また、処方された保湿剤がベトベトしていて使い勝手が悪く(服やタオルに保湿剤が着くと取れず、洗濯をすると黒ずみが残る)、始めは馴染めない時があったが、子供の肌のために続けて良かったと思っている。

 

 

TOPページ 赤ちゃんの肌がガサガサでかわいそう!スキンケアは生後から実施!